いぼの切除を依頼【信頼できる先生を探す】

美しい肌を手に入れる

鏡を見る人

美容整形で若返り

顔や首筋などに出来たいぼは、病気で無いとはいえ、女性であれば見た目に気になります。いぼの原因は、「ヒトパピローマウイルス」と言われるウィルス性であることが多いですが、腫瘍が原因の場合もあります。いぼを治療する方法として、市販薬や民間療法なども有りますが、まれに悪性腫瘍の場合もありますので、自己判断をせずに医療機関で検査をしてもらう必要があります。はさみなどを使用して、自分で切除する人もいますが、傷跡が残ったり、ウィルス性の場合更にウィルスが広がり更にいぼが増えることがあります。切除するための治療法が複数あります。一般的にいぼの切除で多く使用されているのが、レーザーで切除する方法です。特に炭酸ガスレーザーと言われるレーザー療法になります。レーザーを使用して、まるごと取り除きます。レーザーの優れている点は、大きさや形等に捉われずに、ピンポイントで切除が可能であることです。局部麻酔を使用するために、痛みもほとんど無く、出血も少なくて済みます。ピンポイントで施術を行うために傷跡も残り難いです。取り除くいぼの数が多くない限り、一回の施術で済み何度も通院をする必要が有りません。また、治療時間も一箇所で数秒で済みますので、肌に掛かる負担も少なくて済みます。治療後、当日は洗顔が出来ない場合が多く、1週間ほどはテープ等で幹部を保護する必要がありますが、テープの上からメイクは可能となります。費用は他の治療法に比べて高めとなっています。1mmほどの大きさを切除するのに、2,000円?5,000円ぐらい掛かることが多いです。施術後の跡が残りにくいことから、顔などの目立つ部分に対しての治療に向いています。昔から行われている治療法に、液体窒素を使用していぼを治療を方法があります。約マイナス200℃になる液体窒素に浸した、ピンセットや綿棒を押し付けることにより、患部を焼く方法になります。患部を火傷状態にしますので、治療に痛みが出る場合があります。ウィルスが深いところまで浸透をしている場合は、一度の治療では完治せずに何度か通院をして、治療を繰り返す必要があります。一般的に完治までに3ヶ月から1年掛かると言われています。また、いぼのまわりの皮膚も焼いてしまい色素沈殿を起こして、シミになる場合もありますが、シミ取りのクスリなどで薄くすることが出来ます。保険が適用されることが多いので、費用面としては負担が少なくて済みます。その他、内服薬を使用して治療をする方法も有りますが。完治するまでに時間が掛かるのであまり行われていません。

Top