いぼの切除を依頼【信頼できる先生を探す】

治療と保険で費用は変わる

ナース

再発する事も考えた治療

いぼはスキンタッグやアクロコルドンと言われることもありますが、首のいぼっていつの間にか増えている事があり、気になるのでできれば切除したいと考えるでしょう。いぼを取るとなると病院での治療になりますが、何科にいけばいいのか迷いませんか。切除するなら皮膚科で美容整形外科でも診察してもらえます。また治療するとなったら費用も気になりますが、費用は治療法や保険が適用されるかされないかでも費用が違ってきます。皮膚科で行われている治療方法には液体窒素とレーザー治療がありますが、メスで切開したりハサミで切除する方法などもあります。液体窒素での治療は液体窒素を綿棒のようなものに含ませていぼに押し当てて凍らせます。凍ったいぼは数日するとポロリを取ることができ、ほとんどの皮膚科で保険が適用される治療で平均1,000〜1,500円の治療費が相場になります。しかし、切除する数が多くなると費用はもう少し高くなり4,000円程度かかる場合もあります。レーザー治療はいぼにレーザーを当てて焼き落とす方法で、炭酸ガスレーザーを使う病院が一般的です。液体窒素は処置の際に多少の痛みがあり、処置後にも痛みは残ります。また液体窒素を押し当てたところが色素沈着するというデメリットがありますが、炭酸ガスレーザーは処置前に麻酔を使って痛みを和らげることができ、傷跡も残らないのでキレイに切除することができます。しかし炭酸ガスレーザーはほとんどの病院で保険の適用外になるので費用が高くなり、自由診療になるので病院によって費用が異なります。病院によって5,000円で1個しか切除できないところもあれば10,000万円で10個も切除できる病院もあります。また炭酸ガスレーザーも数が多ければ多いほど費用が高くなるので、それなりの費用を考えておいた方がいいでしょう。いぼは切除してもまたできることが多く、加齢によっても増える傾向にあります。皮膚科にはハサミでいぼを切るという方法もあり、この治療も保険が適用されるので数が少なければ1,000円程度で済むことが多いです。数にもよりますが1回の治療で終わり、いぼだけを取るので傷後も残りにくいので、再発しやすい人や数が多い人にはハサミでの治療が向いています。また液体窒素とハサミを組み合わせた治療法も行っている病院は多く、どちらの治療も保険が適用されるので安く治療することができます。自分のいぼの状態を把握し、自分にあった治療法を選ぶことが大切です。

Top