いぼの切除を依頼【信頼できる先生を探す】

皮膚科で治療するなら

ドクター

いぼ切除と言ったら液体窒素とレーザー治療ですが、液体窒素は痛みや色素沈着に気を付ける必要があります。レーザー治療はキレイに切除することができますが、完治するまでは日焼けに注意が必要なので外出は控えましょう。美しい肌を取り戻すには施術後のケアが重要です。

Read More

できものは早めに消す

カウンセリング

体にできるできものであるいぼは、まずは皮膚科で見てもらうと安心して行える治療方法を模索できます。皮膚科のメスやハサミを使った外科施術で簡単に切除できることもあるので、気になるいぼは早めに治療に取り掛かりましょう。

Read More

隠すよりも取っちゃおう

看護師

整形で自信を取り戻す

ほくろやいぼは、肌にぽつんと出来てしまうため目立ちやすく、それゆえに他人からも視線を集めやすい部分のひとつです。人間は自分の視線には無頓着ですが、人から向けられた視線には敏感なもので、ホクロやイボをチラチラ見られたせいで嫌な気持ちになったことがある人もいるでしょう。そもそもただの黒い斑点のように思えるいぼやほくろですが、黒色をしているメラニン色素が集まったものだったり、皮膚が盛り上がって固まったものだったりとそれぞれに特徴があります。どれにも共通して言えることは、自分で取り除くことは難しく、基本的には化粧や服などで隠すことでしかカバーできないということです。つまり、ある意味では一生付き合っていかなければならない存在なのですが、そのせいで自信を失ったり、人付き合いに苦手意識を持ってしまったりするのはとてももったいないことです。自分で取り除くのが難しくても、専門家の力を借りれば実は簡単に切除できたり、跡を残さず取り除いたりすることも出来ることをご存じでしょうか。まず切除する方法ですが、美容整形でいぼを切除する施術として広く知られているのはレーザーでの除去でしょう。メスを使わないレーザー治療は皮膚組織の中でも黒い部分にだけ反応するように作られており、施術箇所以外にはダメージを与えないというメリットがあります。さらに、ピンポイントで治療ができるということもあり、傷跡が残りにくいというのも支持される理由のひとつです。こうしたレーザー機器を使って切除する時は、皮膚の表面の水分だけを蒸発させるため皮膚内部には影響を及ぼさないことがほとんど、つまり、完治までの期間も短いといえるでしょう。早い人では2ヶ月、遅くても半年ていどで目立たくなるほど馴染み、日焼けどめ用のテープなどを貼らなくても過ごせるようになります。ほかの整形とは違い、施術にかかる料金は施術範囲によって変わるため、人によってどれくらいの料金がかかるかは大きく異なります。通常、0.5mmあるいは1mm単位で料金が設定されていて、いぼの大きさによって料金が決められます。直径5mmくらいならば15000円〜30000円前後の料金になると言えるでしょう、とはい、深さや施術する場所によっても料金が変わってくるものです。詳しい料金を知りたい時はきちんと専門家の判断を受けることをオススメします。市販の薬やサプリメントでもいぼの除去に効果があると謳っているものはありますが、効果が弱かったり長期に渡っての服薬が前提になっていたりすることもあるでしょう。しかし整形ならあっという間に取り除けるのです、人にジロジロ見られたくない、コンプレックスを消したいと考えている人こそ、美容整形という選択肢を選ぶべきといえるかもしれません。

治療と保険で費用は変わる

ナース

いぼの切除は皮膚科や美容整形外科で行うことができ、液体窒素や炭酸レーザーで治療をすることができます。液体窒素は保険が適用されるので安く治療をすることができ、炭酸レーザー治療の場合にはほとんどの場合で保険が適用されないという点に注意が必要です。

Read More

美しい肌を手に入れる

鏡を見る人

いぼを切除する方法は色々あり、それぞれにメリットとデメリットがあります。いぼが出来ている場所や、大きさ等の状態などにより治療法を検討する必要が有ります。治療に掛かる費用や予算等も含めて、相談に乗ってくれる医院を選ぶことが大切です。

Read More

Top